Home

公益社団法人日本サインデザイン協会(SDA)

日本サインデザイン協会

公益社団法人日本サインデザイン協会(SDA)は
1965年の発足以来サインデザインの向上と普及を目指した
幅広い活動を続けています

2014サインデザイン大賞 / 経済産業大臣賞 BOOK CLOCK / 廣村正彰/株式会社廣村デザイン事務所

SDA Award – 2014サインデザイン大賞 / 経済産業大臣賞 BOOK CLOCK / 廣村正彰・株式会社廣村デザイン事務所

九州地区 小学校出前授業に参加しました

SC1 SC3 SC5
SC6 SC4 SC7
デザインスクールキャラバン2014

開催日:平成26年11月21日(金)8:00〜16:00/内授業4時間
開催校:福岡市立南当仁小学校 5年生114名
主催:NPO・FUKUOKAデザインリーグ (FDL)

FUKUOKAデザインリーグは、SDAやJAGDA、JCDなど福岡のデザイン団体がデザインを社会のためにをモットーに活動する団体です。九州地区は普及活動のひとつとしてデザイン出前授業に参加しています。

今年のテーマは、「わたしたちのまちにオリンピックがやってきた」。2020年東京オリンピックが決定し、新国際競技場の景観や経済的に論議がされているが、自分たちのまちをモデルに考えてみた。福岡市は2006年候補地として目指した経緯もあり、将来子どもたちが実現する日も来るかもしれない、そんな夢をみんなで描く。

計画は実際の地形や交通体系を考えながら進める。メインスタジアムは旧福岡城跡の堀や石垣を活用した市民に親しまれる大会会場。ふんだんに太陽の光を取り込んだメインスタジアムや自然に配慮した聖火台が計画された。選手村交流ゾーンでは、土地有効利用のタワーホテルや各国の食が楽しめるガーデンレストラン、閉幕後には市民に永く愛される自然豊かなアートガーデンなど、どの計画も人と自然、まちの歴史に配慮されたものである。 そして、陸上競技ゾーンのサッカー会場では、日本がブラジルに先制点をあげていた。

今年の授業で気づいたことに、自然との調和や交通移動弱者に対する配慮など彼らの意識が高いこと。みんなでつくる「まちづくりプログラム」は今回で5回目、彼らは入学以来先輩がつくる「まち」を毎年見てきた。年を増す毎にまちには緑があふれ、派手な色の建物は減少し、人が楽しく安全に過ごせる工夫がそこかしこに見られるようになった。また、「アジアと共 に」の福岡の特徴であると思われるが、中国・韓国が何らかの形で計画に登場する。今年はレストランの肉まんとチヂミ、その間に寿司がおいしそうに並んでい た。彼らの将来では、ユニバーサルは当たり前になっているだろうと私たちの夢も広がった。

参加団体:DSA, JAGDA, JCD, JIA, SDA 計38名

レポート:九州地区代表幹事 中牟田麻弥

Dr. Per Mollerup 特別セミナー in TOKYO開催しました


perKanto2 perKanto5
perKanto3 perKanto4

SDA創立50周年記念事業
[WAYSHOWING>WAYFINDING 道を示す]

平成26年10月20日(月曜日)17:30〜19:30

SDA創立50周年記念事業として、東京を皮切りに、大阪、福岡、札幌、富山と全国5ヶ所で行われる「Dr Mer Mollerup 特別セミナー」が、東京六本木ミッドタウンデザインハブにて開催されました。
Dr Mer Mollerupはメルボルンのスインバン工科大学デザイン学科の教授で、専門はコミュニケーションデザイン。1984年から2009年までコペンハーゲン空港のサインデザイン等で有名なDesignlab(デザインラボ)主宰。交通機関、病院、博物館、美術館及び民間施設などのデザインを手がけています。WAYFINDINGやブランディングデザインのデザインコンサルタントとして数々の受賞歴があります。
 
まず氏は、WAYSHOWING(道を示す)とWAYFINDING(道を知る)は相互関係の言葉であること。デザイナーの領分はWAYSHOWINGであることを話されました。
その上で、WAYFINDINGには9つの戦略があること、WAYSHOWINGには7つの要素があることを話されました。

WAYFINDINGについては、人は環境からどのようにして道を知るのか、という論理的観点に立ち返ることが出来る内容の話であり、対してWAYSHOWINGは人をどのようにして、わかりやすく目的地まで辿り着かせることが出来るのかという内容の話でありました。

確かに我々のようなサイン計画に携わる仕事を持つ者は、常にWAYSHOWINGの観点でサイン計画を行っていると、改めて感じることが出来た。同時に、環境から情報を得ることが出来るWAYFINDINGも常に頭に入れ、サインという領域に縛られない観点で仕事をすることの重要性を改めて感じることが出来ました。

今回の特別セミナーは、サイン計画に携わる人にとって、原点に立ち返ることが出来、また、その原点を常に持ち続けて、サインというものと向き合って行かなければならないことを感じる、とても有意義なセミナーでした。

レポート:関東幹事会 井原 由朋

九州地区 研究会「ワークプレビュー」行いました

地区研究会「ワークプレビュー」は、会員が関わった仕事を見学、または、発表会を行うものです。
今回見学した新しい「福岡市立こども病院」 は、中部地区の島津氏がサイン基本設計を進められていた物件を、実施において福岡のデザイナーとチームを組み、また、病院が移転する地域の小中学生が参加して進めたプロジェクトです。見学会は、11月の開院に先立ち小学生対象とデザイナー対象の2回行いました。
kyushu5 kyushu6 kyushu7

9月26日(金)参加:福岡市立照葉小・中学校の小学2年生
大きな病気をかかえた子どもやお母さん、ご家族の気持ちを、デザインの力で少しでも明るくしたい。この大テーマをもとにプロジェクトはスタートしました。デザインコンセプトは「照葉のまち」。各フロアテーマを「森」や「小川」、「光」など、明るく元気になれる「まちづくり」を進めました。ワークショップ形式で、各テーマに応じた絵や切り絵、フロッタージュをこども達にしてもらい、それを担当デザイナーがアートやサインに展開しています。
kyushu1 kyushu3 kyushu4
全校を代表して、小学2年生が見学しました。
自分たちの描いた絵がデザイナーによってどんなにカッコよくなっているのか…非常に楽しみにしている様子です。見学はデザイナーが引率し、何故ここに、このようなデザインをしたのか、そして、それによって病院にきた人達がどんな気持ちになってくれるだろうか、と解説をしながらの見学です。
kyushu2 kyushu12
全てのデザインを見て回るのですが、やはり一番興味があるのは自分たちが描いた絵。2年生(当時1年生)が担当したのは「塗絵」。塗絵はガラス面の衝突防止シールに変身していました。「あったー!」「ここにもあったー!」という元気のいい声が病院内に響きわたります。
デザインの楽しさ、大切さが子どもたちに伝わればと思って開いた見学会ですが、この見学会を通して我々も改めてそれを感じることができ有意義なものになりました。

後日、子どもたちから嬉しいプレゼントがありました。
kyushu9 kyushu10

レポート:九州地区副代表幹事 梅本幸治


10月5日(日)参加:SDA九州地区会員、その他  計30名
デザイナー向け見学会は、プロジェクト概要、ワークショップ手法などを解説。また、院内施設の特徴など建築についても見学しました。参加者の専門が、建築、インテリア、サイン、グラフィックと多岐に渡っていたこともあり、見るところが様々…、総勢30名の引率は(子どもとは違い)手をやきました。
追記:中牟田

関東地区 出前授業 in 横浜Mark is 行いました

平成26年9月27日(土)10:00〜16:30

kanto7
kanto6

kanto1 kanto4
kanto3 kanto2

関東地区のSDA出前授業は、デザインを学ぶ学生に「サインデザインについてもっと知ってもらおう」という趣旨で行っています。
今回で3回目となる出前授業は、横浜みなとみらい地区に新しくできた商業施設マークイズをメインに行われました。
学生は昨年に引き続き東洋美術学校の1年生約65名の参加がありました。

授業は、マークイズを見てもらう前に周辺施設のクーンズスクエアとランドマークプラザのサイン見学から始まりました。
クイーンズスクエアのサインは、17年経った現在でも色褪せない魅力をもっている稀有な事例です。対してリニューアルを行ったランドマークプラザのサインは、躯体は別色への塗装で再利用とし、表示を分かりやすくリデザインするにとどめられているだけなのですが、とても洗練されたものに進化を遂げており、我々幹事会のメンバーにとってもリニューアルの事例として非常に勉強になりました。

ここでいったん外に出てグランモール公園を通り横浜市が設置している都市サインを見学しました。
みなとみらい周囲のマップや誘導サインは、市、交通局、各事業者の協議・調整のもと和・英・中・韓の多言語表示の統一が計られたそうです。

いよいよマークイズへ。この名称は、街の生活中心地して成長し愛されつづけられるようにという想い「Mark Is Here」からきているのだそうです。建物は様々なテクスチャーが摘みあがったような「スタッキング」構成となっていて、案内サインのデザインにも応用されています。誘導サインは樹木をモチーフに地上部は幹と葉、地下部は根を連想させるデザインでこれから成長していく施設にふさわしいものでした。各階EV横には、それぞれ異なるグラフィックアート(工事現場のおじさんなど!)が壁面にペインティングされており、楽しげな演出となっています。

学生にはサインの種類と役割といったことのレクチャーもしたのですが、何よりマークイズという空間の中で表現されているサインの個性やそのコンセプト、デザインの訳などを学ぶことができたことが一番の収穫だったのではないでしょうか。

我々講師陣は午前と午後の講義を終えるとさすがにヘトヘトになったのですが、これを機にサインデザインの楽しさや魅力が少しでも伝わって、サインデザインを志す学生が増えてくれたら幸いです。
来年以降も講義をうけてくれる学生がいれば継続していきたい事業だと実感しました。

参加者:65名
レポート:関東幹事会 竹内征也

九州地区 研究会「プレゼンマラソン」行いました

プレゼンプレゼン2
九州地区では、地区研究会を次の4つのテーマで行っています。
①デザインセミナー サインや景観など専門性の高いセミナー。
②ワークプレビュー 会員が関わった仕事を見学、または、発表会。
③プレゼンマラソン 会員間の交流を主な目的として、共通テーマを参加者全員発表。
④デザインアクション 事業開発及び受託など。また、視察研修旅行など。
   
今回は、③プレゼンマラソン。
テーマは「好きな(おすすめの)ミュージアム」。
プレゼン形式は自由。写真や図録を持参する者、パワーポイントに作り込む者と様々。

ルイジアナ
トップバッターは会長定村氏、ルイジアナ近代美術館(コペンハーゲン)。小高い丘に建つ世界一美しいと称される美術館。ツタが生い茂るファサードからはじまり、ルイスポールセンの照明が印象的なホールを抜けガラス張りの回廊へと続く。アンディ・ウォーホルやパブロ・ピカソなどの展示、海を背景にした庭園のヘンリー・ムーアやイサム・ノグチの彫刻。氏が自然と建築、アートが融合する空間を十分に楽しんでいる様子が、美しいこの邸宅(美術館)でくつろぐ氏本人のスナップ写真からも伝わる。えっ?1人で行って、誰が撮ったの?答えは「セルフタイマー」、一同爆笑。

佐川モノリッテン
次は、佐藤元副会長の佐川美術館(滋賀県)と根津美術館(東京都)。佐川美術館は切妻屋根と水庭が美しく、根津美術館も切妻屋根と広大な日本庭園、共に伝統の和の技術を現代に生かしたのが特徴。佐藤氏は水平にのびる屋根と池の水面、玉砂利敷に連続する柱の影、内の畳と庭の緑といった対比する美しさを紹介。和の美しさに一同共鳴したところで、いきなり、老若男女121人の裸体の人物がもつれ積み重なり空へと伸びる14mの像、モノリッテン(Monolitten人間の塔)。それを囲む36の人物群像、テーマは「生命の環」、人人人。氏は「誕生」から「老い」までの人間の喜怒哀楽を丁寧に解説、石像に生々しさを感じる。スッキリした日本茶の後にソースを飲んだような気がしたのは私だけでないようだったが、氏の和と人を愛する心を感じた。

そして、梅本氏の竹中大工道具館(神戸市)。和風屋根の外観、木工や左官、瓦師の技を取り入れた内装に大工道具や鍛冶道具の展示、歴史の紹介などがある美術館。撮影禁止の館内を駆使しながら撮った道具の写真を説明する姿に、プロダクトデザイナーである氏の道具をこよなく愛する心が伝わる。
次に、山田氏にバトンタッチされ、再登場ルイジアナ美術館。しかし、定村氏とは違うアングル。内装ディティールや展示、レストランの食事など、好きだというカルダーの彫刻の横に立ち微笑む氏のスナップ写真に、美術館の隅々まで楽しむ姿が窺えた。
続いては、戸出氏のモエレ沼公園、金沢21世紀美術館、新国立美術館など。氏はいつも控えめで静かに語る。しかし、着眼点が鋭く、展示方法や仕組みなど見えない部分を見ることに感動する。今回は試しにと新しいパワーポイントを使用、合間のアニメーションに一同盛り上がる。
最後に、中牟田、オーベル・シュル・オワーズ。長くなるので割愛する。

今回は6名参加の約1時間半、談話しながらなごやかに終了、続きは懇親会でとなる。
同じテーマ、例え同じ場所を選択しても異なる観点を持つことが興味深く、会員間の理解につながる。「見て、見て」気性の九州ならではかもしれないが、自分だけが知ってる小さなことを教えたい(自慢したい)ということでは、Facebook実演版のよう。合間にチャチャが入りながらも楽しく、専門的にも大きな収穫を得ることができるユニークな会である。
平成26年9月26日実施

レポート:九州地区代表幹事 中牟田麻弥

東日本大震災復興支援ハートプロジェクト「灯のみち2014」開催しました

灯りの道4 灯りの道3
灯りの道8 灯りの道7
灯りの道5 灯りの道1
灯りの道6 灯りの道2

開催日時:平成26年8月9日(土)10:00〜21:00 行灯点灯は18:00〜・10日(日)13:00〜21:00
会場:竹駒神社参道

竹駒神社は、承和9年(842)に創建されました。別名竹駒稲荷とも呼ばれ、日本三大稲荷一のつとされることがあります。東北地方では奥国一宮の鹽竈神社と一、二を争うほどの初詣客が訪れることで知られる東北有数の神社です。

8 月9、10日にここ竹駒神社で、昨年に引き続きSDA主催による「灯りのみち」が開催されました。今年も岩沼市教育委員会のご協力をいただき、市内の4つ の小学校より240枚の力作が集まりました。SDA東北地区の遠藤理事によると、今年の作品は昨年より色彩が華やかになったとのことです。また内容も未来 志向の作品が多く見られたという印象を持ちました。このイベントは元々東北大震災の犠牲者への鎮魂を目的としたものでしたが、すでに子供たちは過去だけに 目を向けるのではなく、未来に大きな関心を抱きつつあるようです。

各作品は、SDAで用意した灯篭にそれぞれ4作品づつ展示され、神社の参 道に並べられました。夕暮れが迫るころから、親子連れや友達同士が三々五々集まり、自分の作品や知人の作品を探す姿が見られます。さらに暗闇が訪れるころ には神社の幻想的な空間と相俟って神秘的で厳かな気持ちを起こさせてくれます。

今年で2回目となる「灯りのみち」ですが、子供たちの心にどのように響いたのでしょうか。彼らの故郷を懐かしむ原風景の一部になることを願うしだいです。

レポート:東北地区 塩川 和久

関東地区 第89回東京サロン サイン探検隊「すみだ水族館」開催しました

kanto1 kanto2 kanto3
kanto4 kanto5 kanto6
日時:平成26年6月27日 18:00〜
場所:すみだ水族館
参加者:57名

今回のサイン探検隊は、すみだ水族館において、サインデザイン・ロゴマーク等の計画をされた、廣村デザイン事務所の藤井北斗氏に現地コーディネイトして頂きながらの施設見学となった。話題の施設であると同時に、実際に計画された方のお話を直に聞けるということもあり、50名以上の参加者があり大盛況であった。

まずは、エントランスをくぐると、正面にガラスの壁が出現し、博物画といわれる水生物の絵が出迎える。圧倒的な存在感、そして、透明感に驚かされる。当初の設計はガラスの壁ではなかったそうで、変更してもらったとのこと。ただし、反射がすごく、入口のガラス面に目隠しのシートを貼ったとのこと。右を向くと、今度はフロア案内・注意事項とともに、電光掲示板の文字(多国語)が流れる。これは情報の伝達というツールであるとともに、流れる文字を魚が泳いでいるイメージとシンクロさせている。

順路を進みながら、「アクアラボ」へ。通常はバックヤードなのだが、これも展示という考えから、あえて入場者に見せている。くらげを中心としたもの、葛飾北斎記念館とタイアップした暖簾のサインがあったり、中には、ロフトとタイアップで設置しようとしたが、重すぎて設置できなかった水槽があったりと、裏話を含めて、貴重な説明を頂くことができた。ちなみに、すみだ水族館は人工海水で珊瑚を育てているという、興味深い話も聞くことができた。

サインについてのコンセプトは、SENCE(五感)・KNOWLEDGE(知識)。サイン素材にはアクリルと表示はシルク印刷で構成されており、壁面の色に合わせてアクリルの色を変え、板を浮かせることにより透明感や浮遊感を出している。フォントはゴシック+ 明朝でやわらかさの中に、わかりやすさを出したとのこと。全体的にシンプルなサイン計画だが、トイレだけは色を使って視認性を高くしている。魚名板については、設置の必要性の有無が議論されたが、結果的に必要ということになり設置はしたが、後付けになってしまったことが、残念だったとのお話だった。
魚のロゴについては、三角形で構成し、種類は水生物約20種類、他にイベントロゴまで作成された。

今回は、施設見学に対する興味が非常に高く、施設見学の傍らに計画者の話を聞くことができるという、参加者との距離感が非常に近いサイン探検隊ではなかったかと思う。最後の藤井氏のスライドを使用した説明にも、参加者一同、真剣に耳を傾けていたのも印象的であった。そして、その後の懇親会でも、色々と質問されている方が多く見られたのも、非常に良かったと思う。

最後になりましたが、講師を務めて頂いた藤井様、様々なご協力(お土産まで!)を頂いたすみだ水族館の皆様、本当にありがとうございました。

レポート:関東地区 西方晃宏