Home

公益社団法人日本サインデザイン協会(SDA)

日本サインデザイン協会

公益社団法人日本サインデザイン協会(SDA)は
1965年の発足以来サインデザインの向上と普及を目指した
幅広い活動を続けています

2014サインデザイン大賞 / 経済産業大臣賞 BOOK CLOCK / 廣村正彰/株式会社廣村デザイン事務所

SDA Award – 2014サインデザイン大賞 / 経済産業大臣賞 BOOK CLOCK / 廣村正彰・株式会社廣村デザイン事務所

デザインによる再生 vol.1開催しました

公開プレゼンテーション『那覇バスターミナルの再構築』
平成27年4月22日(水) 東京ミッドタウン/デザインハブ

0422SEM01 0422SEM02 0422SEM03 0422SEM04

公益社団法人日本サインデザイン協会では、サインデザインの普及と啓発を目標とし、一年を通じて様々なセミナーや研究会を開催しています。
今回は「デザインによる再生」をキーワードとした新しいプログラムで、同じテーマに対して異なるプレゼンターが、自由な視点からデザインによる解決方法のプ レゼンテーションを行うことで、交通インフラや公共施設、ひいては地域や都市、日本を活性化させるデザインを考えることを目的としています。
第一弾のテーマとして「那覇バスターミナルの再構築」を取り上げ、公開プレゼンテーションを行いました。

今回のプレゼンテーターは、今のサインデザインを牽引し、しかも異なる得意分野を持つ、竹内誠氏、前田豊氏、島津勝弘氏、宮崎桂氏の4名が揃いました。
当初85名の定員としていましたが、それを大きく上回る125名が参加され、非常に盛況な会となりました。

初めに、モデレーターの渡辺太郎より、鉄道がない沖縄におけるバス交通網の重要性、それに対して現状のバスターミナルのサインやバス路線図などが十分に整備されていないことなど、那覇バスターミナルの現状と抱える問題点等について説明を行ないました。



0422SEM05 0422SEM06
presentation 1
サインがつくる建築 サインデザイナーならここまでできる建築の再構築
竹内 誠 (株式会社竹内デザイン代表取締役/SDA副会長)
最初のプレゼンターの竹内氏からは、建築家の視点を活かしてバスターミナルの建築そのものをデザインし直し、空間創りの段階からバスターミナルの動線を最適化するという提案が行われました。サインの表示だけではなく、空間自体によって利用動線の分かりやすさを創り出すにはどうするかということや、サインを空間と融合させるにはどうすればいいかなど、総合的かつサインの本質に迫る提案でした。

0422SEM07 0422SEM08jpg
presentation 2
沖縄のバスを考える デザインで再構築する、沖縄のバスシステム
前田 豊(氏デザイン株式会社代表取締役)
前田氏からは、他国でも行われているBRT(バス・ラピッド・トランジット)のシステムの解読や現地調査での気づきをもとに、沖縄らしい形「花ブロック」の モチーフをデザインの中心に据えた提案が行われました。バス停、バスの車体、広告、その他アメニティなど、バスにまつわる全てにデザインを展開することで 沖縄バスのブランドを作ることを目的としたものであり、短いプレゼンテーションの時間内でも一連のデザインが強く印象に残る程、徹底的にビジュアルアイデンティティが展開されていました。

0422SEM09 0422SEM10
presentation 3
わった~バスの新たなデザイン戦略 全国初、シビックプライドで地域のバスをデザインデリバリーする。
島津 勝弘(島津環境グラフィックス有限会社代表取締役/SDA常任理事)
島津氏からは、市民にバスへの出資を募りその証が見えるデザインを展開することで、このバスは自分たちのバスである、という誇りや親しみを持ってもらえる沖縄のバスにしよう、という戦略が語られました。富山ライトレールなどの豊富な事例が紹介されることで「確かに可能かも知れない」と思わせる説得力のある提 案となっており、終了後の質疑でも多くの質問が挙がりました。

0422SEM11 0422SEM12
presentation 4
まちなかの未来遺産 バスターミナルは未知への出発点。さあ出かけよう、時空を超えた知の旅へ。
宮崎 桂(KMD Inc.代表取締役/SDA副会長)
宮崎氏の提案は、そもそも那覇バスターミナルが沖縄にとってどのような意味を持っているか?というところから始まりました。現在の那覇バスターミナルは、沖 縄の日本復帰後、自動車が右側通行から左側通行に変更されるタイミングで建て替えられたもので、歴史的にも建築的にも価値のあるものであることが説明され ました。それを踏まえて、ターミナルの形は活かしつつ、そこにある歴史も理解出来るようなコンテンツを掲示してはどうかという提案が行われました。

0422SEM13 0422SEM14
最後には那覇バスターミナルの事業者である第一交通産業株式会社の方や、実際の再生計画を進める株式会社国建の方からもコメントがあり、実際には既に対象地 の計画は進行しているが、どのアイデアも素晴らしいものであり、これらの内容をぜひどこかに取り入れていきたい、という前向きなご意見を頂く事が出来まし た。

今回のプレゼンテーションは、事前の調整を行ってテーマに対する一つの回答を導くものではなく、どのような展開になるか、どのような結果が残るかという期待と不安の中で始まりました。
結果的には4人のプレゼンテーターより全く異なる視点で、それぞれ素晴らしい提案が示されました。参加者に新しい気付きや驚きを与える、この会ならでは意義のある時間になったと考えています。提案のクオリティも密度も非常に高く、「デザインの再生」というテーマに対するデザイナーとしての気概を感じることが出来 ました。また、今回は特に、各方面の専門家から事業者まで、広くこの内容を伝えられたということで、「デザインによる再生」の可能性を、今後行われる様々 な実際のプロジェクトに展開していくことが出来る可能性が高まったと考えています。

セミナー委員長 渡辺 太郎

関東地区 第48回SDA大賞受賞者セミナー開催しました

平成27年1月27日(金)17:00〜18:00 懇親会 18:30〜
参加者:80名 
011 022 033
044 055 066
本年度のサインデザイン大賞セミナーは昨年度から連続大賞受賞となる、廣村デザイン事務所、廣村正彰氏をお迎えしてセミナーを開催しました。
今回は会場を廣村氏がサインデザインを手掛けた、ITOKI Tokyo Innovation Center SYNQAにて行い、セミナー終了後に館内を見学し、廣村氏の作品を間近に見ることによって、デザインクオリティーの高さを実際に感じることが出来ました。
会場をご提供頂いたITOKI様、大変有難うございました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

さ て、セミナーですが、今回は大賞作品である「BOOK CLOCK」をはじめにお話いただき、時刻を知らせる数字だけでなく、時間帯によって様々な仕掛けをすることによって変化をもたせ、「意識の発火」を人々 に訴求していく廣村氏のデザインの考え方をご教示いただきました。「意識の発火」の考え方の基、変化や仕掛けの程度感がやり過ぎたデザインにならず、豊か さと楽しさ、心地よさを調度良いところで感じられる、廣村氏の感性に触れることが出来たセミナーとなりました。また、その他の本年度に受賞した、最優秀賞 や優秀賞、奨励賞など、以下の作品についてのお話もいただきました。
・羽田クロノゲート
・SELF & SHELF
・あいちトリエンナーレ2013
・SYNQA
・西武渋谷MOVIDA
・GOOD DESIGN ZONE
・KISHI CLINICA FEMINA
・Park Hyatt Busan
・あべのハルカス

最後に廣村氏がサインデザインに感じることとして、わかりやすさの追求・意義、高い社会性を求められる仕事であることから、デザインの頂点に位置するのではないか、という言葉をいただきました。
我々サインデザインに携わるもととして、モチベーションが上がるお言葉をいただいたとともに、廣村氏の感性に触れることが出来た、充実したセミナーとなりました。

レホート:関東幹事会 井原 由朋

九州地区 研究会デザインアクション「台湾研修」行いました

開催日:平成26年11月28日(金)〜30日(日)
参加者:8名
1130kyushu10 1130kyushu09
SDA九州地区研究会「デザインアクション」として、台湾研修を行いました。
大きな目的は、台湾企業「TECHPROS」の工場視察およびアジア景観デザイン学会2014台北研究大会参加です。

1日目はTECPROSの工場視察。TECPROSはSDA九州地区の元会員である古賀氏が現在開発責任者として勤めており、主にスタジアムチェアー等の開発から製造まで一貫して行う企業です。台湾桃園国際空港から車で約40分のところにその工場はありました。
5階建てのビル中で、木の材料の切り出しからプレス、樹脂成型、溶接、組立と、各階で多工程が組まれており日本ではあまり見ない造りのものでした。現在最上階に焼付塗装ラインも増設中であり会社の勢いを感じました。小ロット対応も可能であるとの事で、今後商品開発などを是非一緒に出来ればと思います。
1130kyushu01 1130kyushu02

2日目は午前中各自自由行動でしたが、行きたいところは皆同じのようで・・旧松山煙草工場跡地」と日本統治時代の酒工場跡地「華山文化園区」とをみんなで視察しました。旧松山煙草工場跡地は約75年前の老建築がリノベーションされた緑と藝術を楽しむカルチャースポット。周辺一帯が再開発中であり、すぐ南側には台湾初のドーム球場も建設中ですので台湾に行かれた際には是非行かれてみてはどうでしょうか。
1130kyushu07 1130kyushu06

華山文化園区もアート展時やイベント会場として大変おしゃれな空間に生まれ変わっていました。
1130kyushu04 1130kyushu05

午後からはアジア景観学会台北研究大会の基調講演、研究発表の後懇親会まで参加し交流を深めました。
あっという間の2泊3日の研修ツアーでしたが大変有意義なものになりました。
1130kyushu03 1130kyushu08

レポート:九州地区副代表幹事 梅本幸治

関東地区 第92回東京サロン「赤瀬達三氏セミナー」開催しました

パブリックとサインデザイン『してきたことと目指すこと』
平成26年12月5日(金) 17:00〜18:30


1205kanto01 1205kanto02 1205kanto03
1205kanto04 1205kanto05 1205kanto06

営団地下鉄のサインシステム計画や仙台市地下鉄の空間構成、横浜駅の顧問サイン整備など、交通機関におけるサインデザインの礎を築いてこられた赤瀬達三氏。 今年、長年に亘るサインデザインへの功績に対してSDA特別賞を受賞されました。その受賞を記念して「赤瀬達三氏サインデザインセミナー」が東洋美術学校にて行われました。

セミナーでは「してきたことと目指すこと」と題し、公共交通機関におけるサインの諸問題や、それらを解決する方法について実例を交えてご紹介いただきました。赤瀬氏によれば、地下鉄のわかりにくさの要因として「空間構成が見えにくいことにある」ということから、「建築自体をオープンなつくりにし、利用者にとって全体構造をわかりやすくすることで迷いにくい空間作りをする」という方法が提案されていました。また、横浜駅のコモンサイン整備においては、「皆が使う場所は、ひとつのサインシステムとして統一して整備すべき」との提言を行い、公共空間の情報デザインのあり方を示されていました。

セミナーの中では建築家 ケヴィン・リンチの”都市デザインの目的はイメージアビリテイ”という考え方を引用し、「都市の風景の役割の一つは人々に見られ、記憶され、楽しまれること。そのためには分かりやすさが決定的に重要」とのお話がありましたが、赤瀬氏が行ってきたパブリックデザインは、まさに施設利用者の目線から考えられた分かりやすいシステムであり、それらは現在のサインデザインの基本的な考え方として、今では多くのサインデザイナーが実践しています。

赤瀬氏が「してきたこと」の集大成として先日、書籍「サインシステム計画学 〜公共空間と記号の体系〜」が出版されました。書籍では、定量化しにくく、評価が曖昧になりがちな『サインデザイン』を、システムとしてわかりやすく紹介しています。
サインデザインの先駆者としてご活躍されてきた赤瀬氏の考え方はすでにスタンダードとして広く普及しておりますが、この書籍に記述されたシステムもまた、今後、多くのサインデザイナーの指針になっていくものと思われます。今回のセミナーは1時間半の長丁場でしたが、時が過ぎるのが早く感じられました。赤瀬先生にはこの場をお借りして深くお礼申し上げます。

参加者:80名
レポート:関東幹事会 藤井 将之


九州地区 小学校出前授業に参加しました

SC1 SC3 SC5
SC6 SC4 SC7
デザインスクールキャラバン2014

開催日:平成26年11月21日(金)8:00〜16:00/内授業4時間
開催校:福岡市立南当仁小学校 5年生114名
主催:NPO・FUKUOKAデザインリーグ (FDL)

FUKUOKAデザインリーグは、SDAやJAGDA、JCDなど福岡のデザイン団体がデザインを社会のためにをモットーに活動する団体です。九州地区は普及活動のひとつとしてデザイン出前授業に参加しています。

今年のテーマは、「わたしたちのまちにオリンピックがやってきた」。2020年東京オリンピックが決定し、新国際競技場の景観や経済的に論議がされているが、自分たちのまちをモデルに考えてみた。福岡市は2006年候補地として目指した経緯もあり、将来子どもたちが実現する日も来るかもしれない、そんな夢をみんなで描く。

計画は実際の地形や交通体系を考えながら進める。メインスタジアムは旧福岡城跡の堀や石垣を活用した市民に親しまれる大会会場。ふんだんに太陽の光を取り込んだメインスタジアムや自然に配慮した聖火台が計画された。選手村交流ゾーンでは、土地有効利用のタワーホテルや各国の食が楽しめるガーデンレストラン、閉幕後には市民に永く愛される自然豊かなアートガーデンなど、どの計画も人と自然、まちの歴史に配慮されたものである。 そして、陸上競技ゾーンのサッカー会場では、日本がブラジルに先制点をあげていた。

今年の授業で気づいたことに、自然との調和や交通移動弱者に対する配慮など彼らの意識が高いこと。みんなでつくる「まちづくりプログラム」は今回で5回目、彼らは入学以来先輩がつくる「まち」を毎年見てきた。年を増す毎にまちには緑があふれ、派手な色の建物は減少し、人が楽しく安全に過ごせる工夫がそこかしこに見られるようになった。また、「アジアと共 に」の福岡の特徴であると思われるが、中国・韓国が何らかの形で計画に登場する。今年はレストランの肉まんとチヂミ、その間に寿司がおいしそうに並んでい た。彼らの将来では、ユニバーサルは当たり前になっているだろうと私たちの夢も広がった。

参加団体:DSA, JAGDA, JCD, JIA, SDA 計38名

レポート:九州地区代表幹事 中牟田麻弥

Dr. Per Mollerup 特別セミナー in TOKYO開催しました


perKanto2 perKanto5
perKanto3 perKanto4

SDA創立50周年記念事業
[WAYSHOWING>WAYFINDING 道を示す]

平成26年10月20日(月曜日)17:30〜19:30

SDA創立50周年記念事業として、東京を皮切りに、大阪、福岡、札幌、富山と全国5ヶ所で行われる「Dr Mer Mollerup 特別セミナー」が、東京六本木ミッドタウンデザインハブにて開催されました。
Dr Mer Mollerupはメルボルンのスインバン工科大学デザイン学科の教授で、専門はコミュニケーションデザイン。1984年から2009年までコペンハーゲン空港のサインデザイン等で有名なDesignlab(デザインラボ)主宰。交通機関、病院、博物館、美術館及び民間施設などのデザインを手がけています。WAYFINDINGやブランディングデザインのデザインコンサルタントとして数々の受賞歴があります。
 
まず氏は、WAYSHOWING(道を示す)とWAYFINDING(道を知る)は相互関係の言葉であること。デザイナーの領分はWAYSHOWINGであることを話されました。
その上で、WAYFINDINGには9つの戦略があること、WAYSHOWINGには7つの要素があることを話されました。

WAYFINDINGについては、人は環境からどのようにして道を知るのか、という論理的観点に立ち返ることが出来る内容の話であり、対してWAYSHOWINGは人をどのようにして、わかりやすく目的地まで辿り着かせることが出来るのかという内容の話でありました。

確かに我々のようなサイン計画に携わる仕事を持つ者は、常にWAYSHOWINGの観点でサイン計画を行っていると、改めて感じることが出来た。同時に、環境から情報を得ることが出来るWAYFINDINGも常に頭に入れ、サインという領域に縛られない観点で仕事をすることの重要性を改めて感じることが出来ました。

今回の特別セミナーは、サイン計画に携わる人にとって、原点に立ち返ることが出来、また、その原点を常に持ち続けて、サインというものと向き合って行かなければならないことを感じる、とても有意義なセミナーでした。

レポート:関東幹事会 井原 由朋

九州地区 研究会「ワークプレビュー」行いました

地区研究会「ワークプレビュー」は、会員が関わった仕事を見学、または、発表会を行うものです。
今回見学した新しい「福岡市立こども病院」 は、中部地区の島津氏がサイン基本設計を進められていた物件を、実施において福岡のデザイナーとチームを組み、また、病院が移転する地域の小中学生が参加して進めたプロジェクトです。見学会は、11月の開院に先立ち小学生対象とデザイナー対象の2回行いました。
kyushu5 kyushu6 kyushu7

9月26日(金)参加:福岡市立照葉小・中学校の小学2年生
大きな病気をかかえた子どもやお母さん、ご家族の気持ちを、デザインの力で少しでも明るくしたい。この大テーマをもとにプロジェクトはスタートしました。デザインコンセプトは「照葉のまち」。各フロアテーマを「森」や「小川」、「光」など、明るく元気になれる「まちづくり」を進めました。ワークショップ形式で、各テーマに応じた絵や切り絵、フロッタージュをこども達にしてもらい、それを担当デザイナーがアートやサインに展開しています。
kyushu1 kyushu3 kyushu4
全校を代表して、小学2年生が見学しました。
自分たちの描いた絵がデザイナーによってどんなにカッコよくなっているのか…非常に楽しみにしている様子です。見学はデザイナーが引率し、何故ここに、このようなデザインをしたのか、そして、それによって病院にきた人達がどんな気持ちになってくれるだろうか、と解説をしながらの見学です。
kyushu2 kyushu12
全てのデザインを見て回るのですが、やはり一番興味があるのは自分たちが描いた絵。2年生(当時1年生)が担当したのは「塗絵」。塗絵はガラス面の衝突防止シールに変身していました。「あったー!」「ここにもあったー!」という元気のいい声が病院内に響きわたります。
デザインの楽しさ、大切さが子どもたちに伝わればと思って開いた見学会ですが、この見学会を通して我々も改めてそれを感じることができ有意義なものになりました。

後日、子どもたちから嬉しいプレゼントがありました。
kyushu9 kyushu10

レポート:九州地区副代表幹事 梅本幸治


10月5日(日)参加:SDA九州地区会員、その他  計30名
デザイナー向け見学会は、プロジェクト概要、ワークショップ手法などを解説。また、院内施設の特徴など建築についても見学しました。参加者の専門が、建築、インテリア、サイン、グラフィックと多岐に渡っていたこともあり、見るところが様々…、総勢30名の引率は(子どもとは違い)手をやきました。
追記:中牟田