Home

Home



公益社団法人日本サインデザイン協会(SDA)

日本サインデザイン協会

公益社団法人日本サインデザイン協会(SDA)は
1965年の発足以来サインデザインの向上と普及を目指し
幅広い活動を続けています。

日本サインデザイン大賞2018

2019サインデザイン大賞 / 日本郵政株式会社 本社オフィス 応接室 /(有)テラダデザイン一級建築士事務所:平手 健一

SDA Award 2019日本郵政株式会社 本社オフィス 応接室


「幼い頃の夢」 今 英之

広報委員会副委員長の今 英之です。

今年度は「幼い事の夢」というテーマで、昨年4月から北海道地区を皮切りに毎月各地区の会員様をご紹介しました。
ご協力ありがとうございました。

4月からは「私が最近涙したこと」のテーマで、
嬉しい、悲しい、悔しい、感動・・・など、様々なシーンでの涙エピソードをお願いしています。ご期待下さい!!

僭越ながら今年度のしめくくりとして、私の幼い頃の夢をご紹介します。

 

自分は北海道の室蘭市と言う新日鉄がある町で3才~18才までの幼少期を過ごしました。
その頃はまだ、工場の煙で光化学スモッグがあり、ほぼ毎日空が曇っていたことを今でも覚えています。

テレビでは巨人、大鵬、卵焼きと言うようにジャイアンツ戦しか放送されていませんでしたので、
少年野球チームに入りまさしく、三冠王を夢見て練習しておりました。

それ以外は、その当時はプラモデルやラジコンブームでしたので、暇さえあれば作っていたと思います。
そのかいあってか、中学生の頃には、ファッション(メンズノンノの阿部寛、風間トオルの影響)やインテリア雑誌を買っていつかは、自分の考えた物が商品になる仕事に就きたいと思い、今に至ります。


白鳥大橋と室蘭の工場夜景
(室蘭観光協会HP http://muro-kanko.com/night/about.html)