5.サインの製作、工場でのチェックと現地への設置・施工・チェック

  • すべての表示面の図版を完成させ、サイン本体の設計図や施工図の確認を経て最終的なサインの形を決定し、実際にサインの製作に入ります。

    サイン製作の過程において、サインの工場では製品が設計図どおりに製作されているかの確認をおこないます。表示面の印刷クオリティ、塗装や本体の加工など、チェック項目は多岐に渡ります。
    出来上がったサインを現地へ設置・施工した後にも、計画どおりに製作・設置されているかの確認を改めておこないます。設置したサインの表示面の内容が間違っていないか、動くサインの場合ではきちんと動作するか、また照明や雨水の処理、鍵および開閉扉などの精度、安全性など、ここでもさまざまな項目をチェックします。

    これらのチェックがすべて完了し、施設の供用が始まると、まずは一旦、サインデザインは完成を迎えます。

6.サインの評価、メンテナンス、アップデート対応