銅賞

廣村デザイン事務所:廣村 正彰

鉄道博物館リニューアル サイン計画

鉄道博物館リニューアル サイン計画

鉄道博物館リニューアル サイン計画

鉄道博物館リニューアル サイン計画

鉄道博物館リニューアル サイン計画

鉄道博物館リニューアル サイン計画

鉄道博物館リニューアル サイン計画

所在地
埼玉県
ディレクター
廣村デザイン事務所:廣村正彰
デザイナー
廣村デザイン事務所:関根早弥香
デザイナー
廣村デザイン事務所:山口慶
建築施工者
(株)JR東日本建築設計
施工者
表示灯(株)
クライアント
公益財団法人 東日本鉄道文化財団
カメラマン
ナカサアンドパートナーズ

応募者コメント

歴代の実物車両や資料を保管、展示している鉄道博物館のリニューアルサイン計画。当施設では大人も子供も楽しめる、充実したアトラクションや体験ができる設備が、広大な敷地の中で展開されている。各テーマで設定されたフロア名称を、タイポグラフィーでダイナミックに表現し、手持ちのフロアガイド、壁や床のサインと連動するメーターポストを設置した。0を起点とし、目的地までの距離感を視覚化することで、広大な施設を回遊するためのサインとして機能する。