金賞

(株)GK設計:鎌田 博美

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

渋谷ストリーム・渋谷リバーストリート

所在地
東京都
ディレクター
(株)GK設計:功能澄人
デザイナー
(株)GK設計:功能澄人
デザイナー
(株)GK設計:鎌田博美
デザイナー
(株)GK設計:野濱ありさ
遊歩道管理者
渋谷区
サイン施工者
イベンタス(株)
施工者
渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体
クライアント
東京急行電鉄(株)
クライアント
(株)東急設計コンサルタント
カメラマン
(株)フォワードストローク:矢原亮(一部撮影)

応募者コメント

旧東横線渋谷駅のホーム・線路跡地等を利用した、大規模複合施設「渋谷ストリーム」と、渋谷川沿いの遊歩道「渋谷リバーストリート」の鉄道の記憶を活かしたサイン計画。
かつて線路を支えていた高架柱の管理用ナンバリングを、場所の記憶として表出させた。環境演出としての要素とイベント時や待ち合わせ場所等の目印としての機能も有する。
書体は、鉄道の車両番号等に用いる数字を参照し、手書きで検証を重ね、ふくよかで温かみのある鉄道らしい表情とした。
土地の記憶を継承し、周辺のまちとまちをつなぐ新たなアクティビティの場が生まれた。

審査評

その土地の持つ記憶を大きな財産として認め、それを積極的に活用することでアイデンティティを明確に表現しているサイン計画である。スクラップアンドビルドの進む都市造りに於いて、非常に重要な視点である。主要な表記にはかつてあった高架柱の管理用ナンバリングという一般的には馴染みのない記号が採用されており、それが独自性をもたらしているが、一方で分かりにくい記号でもあった。それを理解してもらうために敢えて実物の高架柱を残し、説明板を設置するなど苦労の跡も伺える。この努力は見事に実って他にはない独自な地域色をもつサインシステムが展開された。(横田保生)