銀賞

氏デザイン株式会社:前田豊

所在地
長崎県
デザイナー
氏デザイン株式会社
建築設計
株式会社佐藤総合計画
建築設計
株式会社INTERMEDIA
施工者
株式会社ヤマモト
施工者
株式会社フレンズ
クライアント
島原市
カメラマン
八代哲弥

応募者コメント

市庁舎の新設にともなったサイン計画です。市を象徴する場所ということから、伝統工芸品である島原木綿をモチーフに選びました。島原木綿は藍染糸を地とした、しま模様が特徴の素朴な木綿です。今回は複数の柄をいろいろな場面で使用しました。また、窓口サインでは、記載情報の変更に対応できるよう、生地の取り外しができる仕組みにしました。

審査評

地域の伝統工芸の木綿と鉄枠のシンプルなデザインは、直感的に素朴さと新鮮さを与え、島原市の歴史や風土を感じさせる。サインが空間をリードする要素として存在感があるものの、圧迫感がなく、素材の特性が生きており、また藍の色を下地に表示の視認性や部署変更の際の対応などを考慮した造作などが評価された。市民にとって新市庁舎の完成を親しみと悦びを持って受け入れられたのではないかと想像させる作品である。(中牟田麻弥)