銅賞

エモーショナル・スペース・デザイン:渡辺太郎

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス OECUイノベーションスクエア

所在地
大阪府
ディレクター
エモーショナル・スペース・デザイン:渡辺太郎
デザイナー
エモーショナル・スペース・デザイン:渡辺希理子
デザインパートナー
株式会社竹中工務店:宮本聡子
デザインパートナー
株式会社竹中工務店:加藤実悠
施工者
日本サイン株式会社
クライアント
学校法人大阪電気通信大学
撮影
竹中写真事務所:竹中研二

応募者コメント

Floating Number -浮遊する象徴的なアイコン-
キャンパス全体を東西に貫くパサージュを中心とした大空間。
ガラス面や吹抜けを多用したオープンでコミュニケーション豊かなこの空間に、シンボリックな数字や記号のアイコンが軽やかに浮遊し、学生や教職員を誘う。
無数の個(点)が集まり、形を形成する個性的なアイコンは具体的な形を持たない電子・通信・情報・ネットワークをイメージし、オープンな空間の中で多様なネットワークを連結しアクティブな相乗効果を生み出す。
また、デジタル的な表現ばかりではなく、機能上、人が触るようなプレートサインは温かみのある木材と金属素材を組合せ、大阪電気通信大学の理念である 人間力×技術力 の表現を試みた。