銀賞

廣村デザイン事務所:廣村正彰

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

佐田岬はなはな

所在地
愛媛県
ディレクター
廣村デザイン事務所:廣村正彰
デザイナー
廣村デザイン事務所:吉田遊
建築設計
株式会社カイトアーキテクツ
建築設計
株式会社YAP
施工者
株式会社空間土工房
クライアント
愛媛県伊方町
撮影
株式会社ナカサアンドパートナーズ

応募者コメント

四国の最西端にある佐田岬は、日本一細長い1本の道のような形状をしている。この形状から着想し、佐田岬はなはなのサイン計画は1本のライン(道)でつながっている。今日までの長い歴史の中で受け継がれてきた愛媛県の伝統や名産・名所が佐田岬はなはなまでの道のりに数多く点在している。この伝統や名産・名所をそれぞれアイコン化し1本のラインでつなげることで、受け継がれてきた時間や人々の記憶を辿るように体験し来訪者と地元の人々が施設を通してつながり新しい出会いや交流の場となるサイン計画を目指した。

審査評

四国の最西端の佐田岬の大自然の景観にこの施設が建てられていると思うが、シンプルな木造建築に石積みと黒壁の空間に、ほのぼのとした優しいイラストが1本のラインで繋がれただけのサインではあるが、施設名称のはなはなの名前からも伝わるような、ただただのんびりとした豊かな風景が連想出来るようなデザインが、行って見たくもなり、見てみたくもなる不思議な共感が評価された点である。(島津勝弘)